空間がつながるコンセプト住宅

Tsu-Na-Gu 標準

採光抜群で安心設計

Tsu-Na-Gu ZEH

高断熱・創エネルギーの家

Tsu-Na-Gu G

個性的な平屋スタイル

Tsu-Na-Gu フル

ZEH対応
インテリアも一緒にコーディネート

MIRAIE

「高減衰ゴム」で揺れを最大95%を吸収する。
グッドデザイン賞・モノづくり部品大賞受賞など
各界から認められる高い品質。

繰り返す巨大地震に効果を発揮。
高減衰ゴムの力で、住宅の損傷を大幅に抑えます。

施工性 × デザイン性

コンパクトで施工性に優れ、住宅のデザインや間取りなどの設計に制限もなく、自由なデザインが可能です。

高減衰ゴム

内蔵されている高減衰ゴムが変形することで、地震の運動エネルギーを熱に変え建物の損傷を最小限に抑えます。

住友ゴム制震ダンパーHEART-PROTECTION実大振動台実験(2017)


明るく気持ちのいい空間

1F

空間をつなぐ

家族のつながりを重視し、コミュニケーションが自然と生まれる間仕切が無い空間。
  • 空間をつなぐ

    家族のつながりを重視し、コミュニケーションが自然と生まれる間仕切が無い空間。

2F

吹き抜け採光

吹き抜けに大きな開口部があるので、外部の視線を気にせずに明るい室内になる。

素材のこだわり

温かみのある無垢材や珪藻土クロスを使用した室内。有害な化学物質を含まない健康住宅。

  • 吹き抜け採光

    吹き抜けに大きな開口部があるので、外部の視線を気にせずに明るい室内になる。

  • 素材のこだわり

    温かみのある無垢材や珪藻土クロスを使用した室内。有害な化学物質を含まない健康住宅。

家の奥まで光が差し込む
外部面に大きな窓を設置せず、吹き抜けに大きな開口部を設置。 外からの視線を気にすることなく、光いっぱいで心地良い家になります。 また、吹き抜けにより採光面を空からとることで、北向きの敷地でも明るさの確保が可能となります。

家族の声が届く家

空間を仕切ることなく、家族のつながりを重視し、家族内のコミュニケーションが深まる家。 間仕切りが無いから、将来的にもお子様の成長や家族のライフスタイルの変化に対応できます。

深呼吸したくなる

耐久性や断熱性、保湿性に優れた温かみのある自然素材のムク材、珪藻土クロス。 人体に有害な化学物質が含まれていないため、赤ちゃんからお爺ちゃんお婆ちゃんまで安心な、健康派住宅になります。
夏涼しく、冬暖かい
断熱材には『セルローズファイバー』を使用。
日本国内で一般的に使用されている鉱物系の断熱材であるグラスウールやロックウールと異なり、
天然系の断熱材であるセルローズファイバーはとってもエコ。
また、高い断熱効果に加えて、調湿効果にも優れており、家中が快適な空間となります。
選べる設備

mitte / TOTO

Kitchen

Arise / LIXIL

bathroom

V line / TOTO

powder room

アラウーノ / Panasonic

toilet

S.S. / クリナップ

Kitchen

PREDENCIA / Takara standard

bathroom

エスクア / TOTO

powder room

ネオレスト / TOTO

toilet
Tsu-Na-Gu ZEH

net zero energy house

ZEHとは?

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称。
住まいの断熱性能・省エネ性能を上げることや、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、
年間のエネルギーの収支をプラスマイナス「ゼロ」または「プラス」にする住宅のこと。

生活エネルギーを「減らす」と「創る」で「0」にする住宅

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、
国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置づけられています。
そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、
自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEHの暮らしに注目が集まっています。
政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

政府の方針

政府は「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
また、経済産業省資源エネルギー庁は2015年4月に「ZEHロードマップ検討会」を設立し、
12月にはZEHの普及に向けたロードマップを取りまとめ、公表しています。
経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より

ZEH普及に向けた国のロードマップ
出典:経済産業省 ZEH普及に向けて〜これからの施策展開〜ZEHロードマップ検討委員会におけるZEHの定義・今後の施策など

ZEHの家を建てるには

ZEh達成に必要なポイントは断熱・省エネ・創エネの3つ

POINT1  断熱

断熱性能を向上して、エネルギーロスを
最小限とする住宅を建てましょう。
(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)

POINT2  省エネ

家で消費する電力量を減らすために、
HEMSや省エネ性の高い機器・照明等を
取り付けましょう。

POINT3  創エネ

家で消費するよりも
多くのエネルギーを創るために、
太陽光発電でしっかり発電しましょう。

+蓄エネ

再生可能なエネルギーを貯めて、
発電時以外にも使えるように
蓄電池の利用が
望ましいとされています。
経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」より

ZEHには補助金が交付されます

新しく家を建てる多くの方がZEHの使用を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。
2012年から開始し、これまで約8500組のお客様が補助金を受けZEH使用を導入しています。
これからのお住まいのスタンダードをお得にかなえられるチャンスです。

Tsu-Na-Gu G

暮らしやすさ続く平屋住宅
平屋で暮らす
  • 移動がラク
    階段が無いので老後も安心して暮らせる。生活動線も短く済む。
  • 風通しが良い
    2階があると、空気の循環がされづらいことがあるが、平屋の場合は窓を開けると風が家全体にいきわたる。
  • 強い構造
    高さが低いため、2階建てに比べて構造的に強く、台風・地震時にも危険が少なくなる。
  • 家族が集う
    ワンフロア内にすべての生活スペースが収まることになるので、家族が自然とリビングに集まる。
  • メンテナンスしやすい
    短い梯子で簡単に屋根に上がることができ、掃除が容易。外壁などのメンテナンス時には足場が必要ないので2階建てに比べて費用が安く済む。
Tsu-Na-Gu フル
ZEH対応
インテリアも一緒にコーディネート

Full Style

画像クリックで拡大表示
カーテンや照明を家と一緒にコーディネートできるプラン
画像クリックで拡大表示
Fuse
〒250-0852
神奈川県小田原市栢山506-1
パストラル宮ノ上103
連絡先 0465-39-3388
〒257-0015
神奈川県秦野市平沢260-1

連絡先 0463-80-3003
〒250-0863
神奈川県小田原市飯泉373-35

連絡先 0465-39-3388

〒257-0015
神奈川県秦野市平沢510-26

連絡先 0465-80-3003


株式会社ダイトーテクニカル【Group】

神奈川県小田原市栢山506-1 TEL 0465-39-1199


エリア

  • 神奈川県
    小田原市、秦野市、平塚市、南足柄市、中郡大磯町、中郡二宮町、足柄上郡大井町、足柄上郡開成町、足柄上郡松田町、
    足柄上郡山北町、足柄上郡中井町、足柄下郡箱根町、足柄下郡湯河原町、足柄下郡真鶴町、伊勢原市、厚木市