大田区から小田原へ。
500坪の敷地で広がる「リモートワーケーション」の可能性

東京都大田区から、神奈川県小田原市千代に移り住んだ小林パウロさん一家。リモートワークを活用し、東京の広告会社で勤務を続けながら、小田原で新しい生活を実現させています。「通勤時間は東京とほぼ変わらず、移住は大成功でした」と語ります。

子供の小学校入学に合わせて、小田原へ移り住むことを決意

小林さんが小田原での土地探しをスタートしたのは、3年ほど前。大田区の家は10年以上前に建てたのだが、20坪の土地に地上2階・地下1階のペンシルハウスで、子供が成長にするつれ、「子供部屋がなく、庭が狭い」と不便さを感じるようになりました。

そこで、子供の小学校入学のタイミングに合わせて、奥様の地元でもある小田原への移住を計画。ダイトー建設不動産と一緒にリサーチを重ね、広々とした500坪のこの土地に出会いました。土地と住宅にかかる費用を試算したところ、大田区の自宅と金額がほとんど変わらないことがわかり、移住を決意します。

コロナ禍での移住となったのは偶然ですが、「子供達が安心して遊べる空間を持てたのは大きなメリット。体力勝負の庭作りも40代の今だから可能でしたね」と小林さん。
住宅の近くには田園が広がる。ネックだった通勤時間の長さも、コロナにより、勤務先でリモートワークが徹底されたことにより解消。また、隣駅の小田原から新幹線を使えば、会社まで1時間ほどと「大田区からの通勤時間とほぼ同じ」とのこと。

500坪の敷地内に建てられた、開放感あふれる平屋

平屋の住宅は18畳のリビングを中心に、ダイニング、キッチンと「家族で過ごすスペースを広くとることを大切に」考えられています。住宅自体の広さは100平米と前住居とほぼ同じですが、開放的な空間で過ごす快適さを実感しています。
玄関を入るとダイニングとキッチン、リビング、子供部屋がひと続きになり、広々とした印象。リビングに向かう右手には、ロフトのベッドと勉強スペースで作られた子供部屋が設けられている。
天気の良い日は、リビングとほぼ同じ広さを持たせたテラスで食事を楽しむことも。タープはテラスの下に収納可能。家の壁面は白木を使い、明るい雰囲気にこだわった。

仕事部屋にレストラン、サウナ。快適な空間づくりにアップデート

住まいから車を5分ほど走らせると、大型スーパーやシネマコンプレックス、スポーツクラブがあり、「生活に不自由は感じない」環境。とはいえ、今まで徒歩圏にあったサウナや銭湯、レストランなどは無く、東京に比べ、気軽に利用できなくなった施設もあります。

そこで現在500坪の敷地内に「1階はレストラン代わりとなるミニキッチン&トイレ、2階は仕事部屋」の別棟を建設予定です。さらに、家庭用サウナ専用の別棟も計画中。「ほしいものは敷地内に作ることにチャレンジしています」とのこと。

敷地内中央にあえて設置した門から外側は「友人・知人が気軽に集まれるオープンな場所」、門の内側は「家族で過ごすプライベートな場所」とするのがねらい。
子供達も大好きなトランポリン。遊具も増設予定!

車で10分の海辺を家族で散策することも。同じく反対方向に10分で山にも。水平線が心を落ちつかせる。

自然豊かな小田原を満喫し、「自宅で “リモートワーク”をしながら、旅先で仕事をする“ワーケーション”のような毎日」を満喫する小林さん一家。“リモートワーケーション”の暮らしは、はじまったばかりです。

【コラム】
「東京一極集中」からの転換!? 都内の若者層における、地方移住への関心の高まり

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、今、私達の暮らし方、働き方は大きな変化を迎えています。とくに人口が集中する都心部では在宅勤務が推奨され、「会社で仕事をする」という概念さえ、変わりつつあります。また、本社機能自体を東京から地方に移す企業も現れています。

コロナによるこうした状況は、人々の価値観にも変化を与えはじめました。内閣府が発表した生活意識・行動の変化に関する調査によると、東京・名古屋・大阪の三大都市圏の15%において、地方移住への関心が「高くなった」「やや高くなった」と回答。この傾向は都内の若者層でより顕著になり、23区内に居住する20歳代に限ると、35.4%が「高くなった」「やや高くなった」と答えています。さらに、就業者に向けた、今回の感染症拡大前に比べて「仕事と生活のどちらを重視したいか」という問いには、50%が「生活を重視するように変化」と回答しています。

これまでは「東京で働く人は通勤圏内にある、利便性の良い場所に住む」のが当たり前でした。しかし、コロナ禍において在宅勤務が定着し、「毎日出社する必要がない」のであれば、小田原のような「新幹線を活用すればほぼ都心と同じ通勤時間のエリア」で暮らす可能性も十分にあります。地方移住の関心の高まりとともに、当社では小林様のように首都圏からの移住、土地探しのお手伝いや、マイホーム建築までも一気通貫でご相談を広く請け負っています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

(参照『新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査』令和2年6月21日内閣府 詳細はコチラから )

Fuse
〒250-0852
神奈川県小田原市栢山506-1
パストラル宮ノ上103
連絡先 0465-39-3388
〒257-0015
神奈川県秦野市平沢260-1

連絡先 0463-80-3003
〒250-0863
神奈川県小田原市飯泉373-35

連絡先 0465-39-3388

〒257-0015
神奈川県秦野市平沢510-26

連絡先 0463-80-3003


【Group】株式会社ダイトーテクニカル

神奈川県小田原市飯泉175 TEL 0465-48-1111


【Group】株式会社関東建材

神奈川県小田原市飯泉175 TEL 0465-48-8188


エリア

  • 神奈川県
    小田原市、秦野市、平塚市、南足柄市、中郡大磯町、中郡二宮町、足柄上郡大井町、足柄上郡開成町、足柄上郡松田町、
    足柄上郡山北町、足柄上郡中井町、足柄下郡箱根町、足柄下郡湯河原町、足柄下郡真鶴町、伊勢原市、厚木市